Reason Compactの使い方!わかりやすく徹底解説

DTMアプリ使い方
この記事は約18分で読めます。

Reason Compactがバージョンアップしてドラムとベースが扱えるように

こりゃニュースじゃ!
どうしたんですか仙人様。珍しくテンション上がってますね。
Reason Compactがついに大型バージョンアップしたのじゃ!!
なんすかリーズンコンパクトって?そんなに凄い事なんですか?
実はワシが密かに注目してたアプリでな、この前教えたFigureを作ったPropellerHeadの新作で2018年の夏にリリースされたばかりなんじゃが、とにかく音がいいんじゃ。
へー。そんなに凄いのにどうして教えてくれなかったんですか?
うむ、音はいいんじゃが、シンセ1台1トラックしか使えなくて、このアプリだけでは曲作りは出来なかったんじゃ。
ちょっとマニアックなアプリだった。
だが、ついにバージョンアップして、ドラムとベース用のシンセが追加され、3トラック使えるようになり、ちょっとした曲が作れるようになったわけなんじゃ。
 
しかも、このドラムとベース、かなり使える出来じゃ!
へー。なんか凄そうですね。僕でも使えますかね?
もちろん。初心者でも扱いは簡単じゃし、課金すれば上級者でも大満足。細かく音が作りこめるようになる懐の広いアプリじゃ。
あとさらにビックニュース!
このアプリは無料なんじゃが、iPhoneやiPadにインストールすれば、Windows&Mac版のReason liteが貰えてしまうのじゃ。
 
トラック数が8まで等いくつか制限はあるが、シンセなども沢山ついてくるし、なんでも出来る高性能なDAWじゃ。
 
これが無料で手に入るとは…いやはや恐ろしい時代になったもんじゃ。
期間限定かもしれんので、なるべく早く貰っておいて損はないのう。
 
あとでパソコン版のダウンロードの仕方も解説するぞ

さすが清貧に耐えてる仙人さま。無料情報には敏感だ…

Reason Compactの使い方の基本編

プロジェクト画面

これがまずアプリの1番土台にあたる、プロジェクト画面。
 
ここから今まで作ったプロジェクトや、最初から入ってるデモ曲をえらぶ。曲ファイルの事をプロジェクトと呼ぶ。
 
プロジェクト名を右から左にスワイプする事で、
左から
・プロジェクト名の変更
・複製(コピー)
・削除
が出来る。
 
 
右上のアイコンからPropellerHead社のアカウントを作ってログイン出来る。
アカウントを作る事で、パソコンからPropellerHeadのホームページにアクセスして、無料でReason liteがダウンロード出来るのじゃ。やり方はあとで詳しく教えるぞ。
また、ニュースメールの購読も出来る。

プロジェクト名をタップして開いてみるのじゃ。試しにTechnoを開いてみるぞ。

仙人様はやっぱりテクノ好きですね。
いやいや、このプロジェクトが短いループで音色の変化もわかりやすいから教えるのに好都合なだけじゃ。。
あ、その前に元の状態に戻れるよう、Technoの文字を左にスワイプして、真ん中のアイコンをタップしてプロジェクトをコピーしておこうかの。

ラック画面

これってラックなんですか?
うむ、よく見ると後ろにポツポツ穴が一列に並んどるじゃろ、パソコン版Reasonを彷彿させる画面じゃな。
機材がラックに並んで絵を見てるだけでなんだかドキドキしてテンションが⤴︎上がってくるわい。
さすが仙人さま、テクノ仙人と言われてるだけあって変態っぽいですね!!
うるさいわ!それにしてもこの下の方がまだ空いてるのう、もしかしたら次のバージョンアップでさらに機材が増えるかもしれんのう、なんだかワクワクするわい。ぐひひひひひ。
まさか本物の変態?…

よし真面目に解説ぢゃ!

・1番上が、RYTMIK。ドラムマシーンじゃな。

 


・真ん中が、EUROPA、いわいるウェーブテーブルシンセ(わかりやすく)と言われるタイプの最新鋭シンセサイザーじゃ。

 


・1番下が、MONOTONE、昔ながらの単音しか出ないタイプのアナログモノシンセじゃ。

 

昔ながらのって言われてもよくわかってないんですけど、、、それにウェーブテーブルってなんですか(わかりやすく)、テーブルマナーと関係あります?

そこら辺は話すと長くなるから、詳しくはリンク参照じゃ、それぞれの特徴を一言でいうと…

RYTMIK


8種類の音が同時に扱えるドラムマシーン。音色ごとにかなり細かく音をエディット出来る。ドラムサンプルは140種類ほど、120円で課金すれば更に増やせる。
パソコン版ReasonにKongというドラムマシーンがあるのだが、音圧があって評判のいいドラムマシーンなのじゃが、あれと同じエンジンを使っているようじゃな。
プロでも使える仕様じゃな。
ちなみに音色をエディットするには要課金。

EUROPA

超高性能なシンセ、iPhoneで使えるシンセとしては1番複雑に音を作り込め音の自由度が高い。そのため音の響きが豊か。
最近の音楽に使われまくってるMassiveという有名なソフトシンセがあるが、それより音色加工の幅が広く新しい音がだせる。
しかも操作はウェーブテーブル(わかりやすく)にしては簡単。
これも細かくエディットするには課金が必要なんじゃが、使いこなせるモンだったら音の自由度が凄くて音もいいから、課金して音を作ると楽しいぞ!!
ワシは速攻で課金した。
ちなみにパソコン版はさらに音作りの幅が広いぞ。

MONOTONE


ベース担当の昔ながらのシンプルな単音しか出ないシンセ。シンセの勉強をするにはもってこい。
音は乾いた感じかつクッキリしてていかにも海外メーカーらしい元気のある「使える」音じゃ。ベースだけにつかうのはもったいないな。
これもエディットに課金が必要じゃ、ただ機能的にはそれほどではないから、他の機材と同額というのはちと疑問じゃな。

全然一言で紹介してないじゃないですか!!
それにしてもケチな仙人さまが速攻で課金したとはEuropaおそるべし…
うむ、どれもかなり良くて一言では紹介しきれないわぃ。ていうかケチは余計じゃ!!
まぁ、それぞれのモジュールは1200円課金する事で、エディットが自由に出来るようになっておる。
つまりこのソフトを完全に使えるようにするには3600円必要というわけじゃ。
ちと迷ってしまう価格設定じゃな。
やっぱりワシはけちなのかのぅ…
でもMassiveより凄いシンセだったら安いんじゃないですか!この前ネット見てたらMassiveだけで1万円以上してましたよ。

このラック画面ではそれぞれの機材の
・ボリューム、フィルター、レゾナンス(ドラムマシーンはピッチ)
がいじれるようになっておる。

1番上の▶︎ボタンを押すと曲が鳴るぞ。

うわー曲を流しながら、ボリュームやフィルターをいじってるだけでも楽しいっす!
ピッチって音の高さの事だったんですね。
レゾナンスを上げてカットオフを動かすと強烈に音が変わってくぅぅ〜。

3分後…

ちょっとあきてきました。この曲ループが短いすね。

よし、そういうと思ったわい。この曲の続きを作ってみるかの。
まずドラムを少し変えてみるか、上のRYTMIK DRUMS >
と書いてある青いバーをタップしてみるのぢゃ。

RYTMIKドラムマシーンの使い方

するとドラムの基本画面に移る。

下の方のドラムの絵をタップすると音がなる。

上の方のコントロールノブで、音色のコントロールが出来る。
このコントロールはあくまで8つのドラムサウンド全体を一括でコントロールするものじゃ。

1番下ののドラムキット名をタップするかスワイプまたは矢印をタップするとドラムキット全体の変更が出来る。
始めに使えるのは18種類。120円課金すると音色が増やせる。

ドラムパターン画面の見方

そしたらドラムパターンを変えてみようかの。
1番上の右から3番目マス目のアイコンをタップじゃ。

これが通称ピアノロール画面。ま、ようはドラムパターンのエディット画面じゃな。

ピアノ?だってこれドラムですよ。

だから通称じゃ!これは色々なDAWで演奏データを編集する時に使う画面じゃ。

左から右へ進むものが多いが、このアプリはiPhoneの縦長画面に合わせて、上から下に時間の流れが進む。

横軸がドラム音色の種類別になっておる。
つまり1番左のレーンが、Kickでループの1番始めと次に2発鳴ってそのあと5、9、13のマス目の時間でまた鳴るようになっている。

隣のレーンはSnareって書いてあるのに、Kickは表示されてませんよ。

うむこのアプリ1番上のマス目の中に直接音色名が表示されるのじゃ。
だから1番上に音を置くと表示が消える。

上から下まで、1画面分で1小節の長さじゃ、今は1小節を16分割して表示しておる。
1番下の1/16をタップすると、1小節を何分割するかが選べる。細かいドラムロールを入れたかったら1/32にするといい。

その左隣がドラムループの長さ、今は2小節になっておる。ここをタップする事で最長8小節まで伸ばせる。
 
右側の矢印がアンドゥとリドゥ、日本語でいえば、「元に戻す」と「やり直す」じゃな。前の状態に戻したい時使う。

1番左のサイコロみたいなアイコンをタップするとプリセットのリズムパターンを呼び出せる。
おまえさんのような初心者はまずはここから好みのリズムを選んで、それを調整していく方が、早く作れるな。

僕はオリジナリティーが欲しいんで、自分で1から作っていきます!!
マス目を、タップすると、そのタップしたマス目で音が鳴るようになるんですね。
よーし頑張るぞ。

音を置きたい所をタップすると置けるし、置いた音をもう一度タップすると消せる。
置いた音を長押しすると、その音の音量(ベロシティ)を変えられるぞ。

音をタップしたまま移動させる事も出来る。

始めは時間がかかるかもしれんが、何もない所から作っていった方が上達の近道かもしれんな。ふふふ…まずは試行錯誤じゃ。

細かい音色エディットは要課金

1200円課金すればもっと細かくドラムの音を作り込める。メイン画面で右に大きくスワイプすると隣の画面に移れるのじゃが、課金すれば,この画面が使えるようになる。
 
Demoボタンを押せば一通りの機能を試せるようになっておるぞ、ま、せっかく音をエディットしても画面を移ると音が元に戻ってしまうがな。

各パッドに音色を自由に配置できるし、その音色もサンプル音の修正や音質補正まで細かくエディット出来るようになっておる。

メニューバーの説明

あと上部のメニューはまとめて機能を載せておくぞ。

右側から

①Settings セッティング
テンポの速さ、曲のスケール(わかりやすく)、メトロノーム音のオンオフ、ループの長さが変えられる。

②ゴミ箱
現在操作しているトラックの演奏情報を消す。
③パターンエディット
ピアノロール画面で演奏情報を編集する。
パターンエディット時は、メイン画面に戻る。

④▶︎/ ◾︎ 再生/停止ボタン

⑤◉ 録音ボタン
リアルタイム録音のボタン、パターンエディットの画面では機能しない。あくまでドラムパッドや鍵盤の演奏のみを録音する。
ノブを回した音色の変化は録音出来ない。

⑥サウンドパック選択ボタン
新たなサウンドパックを購入したり、そのサウンドパックに切り替える時に使う。

⑦< 戻るボタン
ラック画面に戻るボタン。
それではラックに戻って他のシンセを選んでみよう。

EUROPAシンセの使い方

リアルタイム録音のやり方

次はリード担当の赤いEUROPAじゃな、
ドラムパッドの代わりに、鍵盤が並んでおる。この鍵盤、大き目でかなり使いやすいぞ。
さっきのように、パターンエディット画面で音を置いていってもいいが、ここで弾いたものをリアルタイム録音するのもススメじゃ。

えーっ僕ピアノなんて弾けませんよー。

いいからいいから、デタラメでいいからなんか弾いてみぃ。始めにこのプロジェクトはコピーしておいたから、めちゃくちゃになっても大丈夫じゃから。

めちゃくちゃって、そんな…
そしたら、えーと、まずは今入ってメロディをゴミ箱アイコンをタップして消して…

◾︎ボタンで演奏を止めて、◉を、タップして…えーと

そうすると録音待機状態になるんじゃ。どこかの鍵盤に触れれば録音が始まる。

わーやっぱり難しい、ホントめちゃくちゃに弾いちゃいましたよ。

とりあえず終わったら右上に出てる「Done」の文字をタップじゃ。

あっ聴いてみると結構いけてますね!僕ピアノ弾けたんだ!!

うぬぼれるでない、これは鍵盤がスケール鍵盤になっていて、決して外れた音が出ない事と、弾いたリズムもアプリが修正してくれて、きっかり1/16の音にしてくれてるおかげじゃ。
このリズム修正の事をクオンタイズって呼ぶから、覚えておくと良いぞ。

なーんだ。

そしてこの演奏を編集してもっと良くしてみるぞ。

メロディエディット(ピアノロール)画面の使い方

画面の上部からマス目のアイコンをタップし、ピアノロール画面へ

さっきのドラムのパターンエディット画面と似てますね。

うむ、横軸の音色名の代わりに音階名の表示になっておるな。
ちなみに「C」が「ド」の事じゃ、そしてDがレじゃ。GがソでAがラになる。#は半音上じゃな。

小学校の時習ったハニホヘトイロハと同じ様な感じですね。

その通り!!なかなかわかっておるじゃないか。

でもこの画面キレイにC C# D D#って並んでないですよ。

そう、良いとこに気づいたな。これはスケール(Scale)の並びになっておるのじゃな。
つまりさっき弾いてた音を外さない鍵盤のの並びじゃ。

そしたら、めちゃくちゃに音を置いていっても、いい感じになっちゃうって事ですね!

うーむそこは難しいとこじゃが、、まぁ偶然でもいいフレーズが産まれる可能性は高いのぅ。

キーやスケールの変更

ちなみに、今のスケール(わかりやすく)の並びから、通常のピアノと同じ12音階ある通常の並びに、変えるには、右上の・・・からセッティング画面に入ってNote Gridの欄をScaleからChromaticに変えてやれば良い。

あとスケール自体を変更したかったらScaleをタップすると曲全体のキー(わかりやすく)やスケールが変更できる。

それ以外、あとはさっき教えたドラムのパターンエディット画面と大体の使い方は同じじゃが違う点もある。

音を置きたい所をタップするとおけるし、置いた音をもう一度タップすると消せる。
 
タップしたまま指をスライドすれば音の移動が出来る。
 
音の下の方を下方向にスワイプすると音の長さをかえられる。
 
音の下の方の−マークを長押しすると、その音の音量(ベロシティ)を変えられる。

EUROPAの音色エディットについて

メイン画面に戻って、鍵盤以外の上のツマミで音色が変えられる、と言っても5個しかツマミがないからこの画面では大してエディットは出来ないがの。

この、Waveformっていうのを動かすと結構音が新鮮な感じで面白いです!

うむ、ここがこのウェーブテーブルシンセEUROPAのキモの部分じゃな。

1200円課金すれば、右にスワイプする事でかなり細かく突っ込んで自由な音作りが出来るようになるぞ。
いやホント、最新のテクノロジーが詰まったシンセだからビックリするような音色変化が簡単に作れる。

まぁたしかにパラメータが多くて単純なアナログタイプのシンセに比べると複雑なのは否めないが、機能の割には簡単にエディット出来るよう工夫されておる。
 
iPhoneでここまでの音が作れるとはホント驚きじゃ。

パソコン版のReason liteのEuropaはもっと凄い

もしパソコン(Mac、Windows)を持ってれば、無料でパソコン版Reason liteをダウンロード出来るのじゃが、その中に入ってるEuropaを触ったらもっと驚くぞ。

オリジナルのオシレーター波形を入れたり、LFOの波形も自分で作れたり、音色合成のタイプがさらに増えそのパラメータを全て時間変化させられたりと、もうなんでもありの超高性能シンセじゃ。

僕、パソコン欲しくなってきました…

パソコン版Reason liteの無料ダウンロード方法

まず、ラック画面の左上のファイルボタンタップして
1番始めのプロジェクト画面に戻り、右上のボタンをタップ。

SIGN UPボタンを押して、ユーザー名やパスワード、自分のメールアドレスを入力し、PropellerHeadsのアカウントを作成する。

(バージョンによってはアプリを初めて起動した時に既に作っているかも)

すると登録したメールアドレスにメールが送られてくるので、
Reason liteをダウンロードしたいパソコンからこのメールを開き、下の方の「your account page」のリンクをクリック。

開いたページの「DOWNLOAD」をクリックすればダウンロードが始まる。

ベースシンセMONOTONEの使い方

基本的には、先程のEUROPAといっしょじゃ。ただこちらは単音シンセだから、2つの音を同時に鳴らす事は出来ないぞ。

Glideのノブは音が重なった時、音程をなめらかにスライド、、つまりギターでいうチョーキングの速さをコントロールするんだが、これは後から音が重なった場合の効果なんじゃ。試してみると面白いぞ。
ベースシンセは以上じゃ。

えっもう終わりですか!!

うーん、、ちとたくさん説明して疲れてきた…
そのうち昔ながらのモノシンセ講座で詳しく音作りは教えるから、今はプリセットの音色をつかって我慢してくれ…

はい、どちらにしろまだ1200円課金出来ませんよ、ニートなんで。

本格的な曲にするにはエクスポートや他のアプリとの併用が必要

使ってみてわかったじゃろうが、このアプリは8小節のループまでしか作れず、トラックは3つまで、それぞれトラックのパターンは1つまでで、パターンの切り替えは出来ない。

なので、ちょっとした曲のスケッチには簡単な分向いてるが、曲を発展させるのは無理じゃ。
 
なのできちんと曲を作りたかったら別のアプリやパソコンソフトにプロジェクトをエクスポートする必要がある。
 
それか後述する方法で他のアプリからReason compactを音源として演奏させてしまえば展開が作れる。

1番良いのは、無料でダウンロード出来るパソコン用のReason liteにエクスポートする事じゃ。
Reason lite のEuropa等でさらに自由に音色を作りこんで、トラックも最大8まで、パターンも無限に増やせるし、本格的な曲へ仕上げる事が出来る。
 
それ以外のiOSのアプリやパソコンのDAWで仕上げたかったら、曲を音声データ(wav)で書き出して編集すれば良い。
 
あと別のアプリから演奏データをリアルタイムで鳴らしたり連携させる方法もあるぞ

エクスポートの仕方

ラック画面の左上のオプションボタンをタップして、

1番下のExportをタップすると、
 
3つの方法からどう書き出すかが選べる。

Reason 10

パソコン版のReasonに演奏データと音色データを一緒に書き出す。あとでパソコンで細かく編集したり、曲を発展させていけるぞぃ。

Sound file

オーディオファイルとして書き出す。書き出す方法はクリップボードにコピー、指定したアプリにコピー、ファイルに保存から選べる。
全てのトラックがミックスされて書き出されるから、例えばEuropaの音だけ書き出したい場合は他のトラックのボリュームを下げてから書き出せばよい。

Sound preset

パソコン版ReasonのEuropaやEuropaのプラグイン版に音色ファイルだけを書き出す。

他のDAWアプリとの同期

詳しくは別の機会に説明するが、同じ iPhoneやiPadでReason compactと他のアプリを同時に演奏させる事も出来る。
この時、ラック画面の右上の・・・からBackground Audioをオン(緑色)にするのを忘れずに。

Ableton Link

他のアプリと単純に演奏を同期させるのならAbleton Linkを使う。
ラック画面右上の・・・からAbleton linkを
オン(緑色)にして現れた他の項目も全てオンにすれば良い。
同期させたい他のアプリのAbleton linkもオンにすればOKじゃ。

他のDAWアプリから音源として使う

またReason compactを「音源」として他のアプリから演奏する事も出来る。シーケンスさせるとも言うな。

Korg GadgetのTaipeiから鳴らす場合

Korg GadgetのTaipeiから音源として使う場合、Reason compactを立ち上げてTaipeiのアウトに指定するだけで特別な設定は不要だが、
Background Audioをオンにしていても、何故か音が出ないので、演奏データを全て空にしてから、Reason Compactを再生し続ける事でKorg Gadgetを操作してる時も音が鳴ってくれるぞ。

他のDAWアプリに音を送る

さらに、Reason compactの出力した音をリアルタイムで他のアプリに送る事も出来るぞ。
対応アプリであれば特に設定不要。

このアプリ単体では複雑な曲は作れないが、こういった機能を使う事で高度な曲作りが可能なのじゃ。

無料でここまで出来るなんて!!いやぁ、夢が広がって来ました!!早速曲を作ってみます!!
うむ、今度Reason compactの最新鋭シンセEuropaの徹底解説もやるからそれまでに腕を磨いとくんじゃよ。
あとWindowsやMacを持っていたらこの機会にアプリを入れて高性能DAWのReason liteを無料ダウンロードで速攻ゲットじゃ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました