バランスのいいミックスが出来ない?そんな時におすすめの機材!

DTMニュース&セール情報
この記事は約5分で読めます。

せっかく作った自信作が違う所で再生するとなんかヘン…?

仙人さま!KorgGadgetだいぶ使いこなせるようになりました!!
ほーう!始めたばかりなのにここまで出来るとは大したモンじゃ!
でも!ミックスが上手くいかないんです。
なるほど、たしかオヌシはモニターヘッドホンだけで作ってたかの?
そーですよっ。仙人さまが言うがままに買わされ…いや買ったんじゃないですか!!
そーだっけ…
それより聞いて下さいよ!この前友達の家に行ったとき、スピーカーで僕の曲をきかせたんですよ!!
そしたら全然ヘッドホンで聞くのと違うんですよ!僕の作りこんだ超絶カッコいいボヨヨンベースが全然聞こえないんですよ!

おかげで、友達に「低音が足りてない」なんてしたり顔で言われちゃったじゃないですか!!

ボヨヨンベースはあまりカッコ良さそうじゃないの。

僕が言いたいのはそこじゃないですよ!!
と、に、か、く
仙人さま〜!助けて下さいよ〜!!

うむ・・・オヌシに必要なのは・・・
モニタースピーカーじゃ!!!
あーんどオーディオインターフェースじゃ!!

びっくりしたー。モニタースピーカー??
オーディオインターフェース??
なんですかそれ?

曲をきちんとしたミックスに仕上げるのに必要なもの

皆さま、DTMやってると曲のミックスって難しいですよね。

僕はメインでモニターヘッドホンで作業してますが、曲を作りこんで、リードやベース、ドラム音を完璧なバランスで配置したつもりでも、車のスピーカーで聴いてみると「なんだコリャ」となってしまう事が良くあります。

それでまた作り直して、車で聴いて、なんて事をしますが、凄く無駄な時間ですよね。

結局、ヘッドホンやスピーカーによって音の聞こえかたって千万差別なので、そのうちの一つで完璧なバランスでも、他のもので聞くと全然聞こえかたが変わってしまうのです。

では、これを解決するにはどうしたらいいか?

実は完全な解決方法はありません。(ガクッ)
プロも実際、ラジカセできいたり、イヤホンで聞いたり等、色々な環境で音を聴きながらミックスを進めていくのです。

でも、メインで使う音の出口を変えることで、ある程度解決出来きます。

モニタースピーカーとオーディオインターフェースをスタジオ標準に変える

それはモニタースピーカーとオーディオインターフェースを導入する事です!

モニターヘッドホンでもいいのですが、細かい音まで聞こえ過ぎてしまう事もあり、全体的なバランスを整えるのならモニタースピーカーがオススメです。

そしてモニタースピーカーとオーディオインターフェースはたくさん種類があるので、どれを選ぶか難しい所でもあるのですが、
どの環境で聴いてもまとまりのあるミックスを作りたい!
という目的があれば話しは簡単です。

実際スタジオで一番良く使われてる物を選べばいいのです。

CDやオンラインミュージックで販売される楽曲はプロのスタジオで作られます。

そしてそして世間で売られている各種オーディオ機器もこれらプロのスタジオで作られた楽曲をいい音で聴けるよう、チューニングされているのです。

ですから、プロの環境の機材を使ってきちんと聞けるミックスを作れば、必然的に色々な再生機器で聴いても大きくバランスが崩れる事がありません。

プロの機材を買える予算がなくてもなんとかなる

でも、あなたはこう思いましたね。
「プロが使う機材なんて高いに決まってるでしょ。無理!無理!」

いえいえ、そんな事はありませんよ。

近年の技術の進歩により、リーズナブルな価格ながら、プロの機材と音の傾向が似ていて音質的にも遜色ない物があるのです!

では、早速ご紹介しましょう。

プロ仕様!おススメモニタースピーカー

サウンドハウスで見る

YAMAHA HS5 定番スタジオモニター


サウンドハウスで見る

スタジオ標準のモニタースピーカーといえばYAMAHA NS-10 という世界標準のスピーカーなわけなのですが、こちらはNS-10の弟分とも言える存在。音の傾向もよく似ていて低音が若干薄い気もするが、モニタリングするにあたって、それはあまりデメリットにはなりません。
プロからの評価も高いです。
約27,000円と決して破格、とまではいきませが、この価格でアンプも内蔵されていますし、音もとてもいいので普段使いにもオススメです。

プロ仕様!おススメオーディオインターフェース

どんなにいいモニタースピーカーを選んでもパソコンやiPad等から直接繋いだのでは意味がありません。
それはパソコンから出力される音が良くないからです。またiPadもある程度いい音はしますが、音の傾向としてはモニターには向かない音質です。

ですので、オーディオインターフェースを繋ぎ、デジタルからアナログへの音の変換する装置自体を変える事で劇的に音質が改善されます。

サウンドハウスで見る

STEINBERG UR12 USBオーディオインターフェイス


サウンドハウスで見る

パソコンとiPadにも対応してるのでiPad使いの方に一番オススメ!

こちらはDAWソフトのCUBASEで有名なドイツSTEINBERGの製品。
でも実はYAMAHAの子会社でもあり、このオーディオインターフェースの開発にはYAMAHAも相当関わっているのです。
当然音の品質はYAMAHA品質!
音の傾向はフラットで若干中域の情報量が多く、極めてモニターに向いている音の傾向です。

1万円以下の破格値で音質的に大丈夫なの?と不安になるかもしれませんが、プロでも充分使える!と太鼓判を押している、日本で一番売れているオーディオインターフェースです。
この価格からは考えられない高音質です。
YAMAHAのモニタースピーカーと使えばベストマッチですね。

オーディオケーブルも大事

サウンドハウスで見る

CANARE ( カナレ ) QC018 フォン-RCAケーブル


サウンドハウスで見る

オーディオケーブルも音質に大きく影響するのです。
プロスタジオのデファクトスタンダード、CANAREのケーブルなら間違いありません。
注意としてはスピーカーは2つなんで必ず2本買って下さいね!!

あとケーブルに2千円以上出すのに躊躇するのなら、ケーブルのパーツだけ買って自作してしまうと大変安くなります。3分の1くらいで作れちゃいます。
僕もやってます。ただし作ろのに半田ごてなど必要ですし1時間くらいかかるので2本くらいなら買った方がいいかもです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました