スポンサーリンク

テクノ仙人とたまおの出会いの巻

サイドストーリー
この記事は約4分で読めます。

ここは人里離れたある山奥、そこにひとりの仙人がおりました。

ふう〜。。
ああ!あ、あ、あなたもしかして!!!
な、な、なんじゃ、お前は!やぶからぼうに!!

ずっと探してたんです〜

ちょ、ちょっと待て、、
ああ、感動です!あなたこそ伝説のテクノ仙人様ですよね!!
わかった、ちょ、ちょっとまて、いいからこっち来るな、、、
えっヒドイ!
僕飲まず食わずで3日間も山奥さまよってたんですよ!
それでようやく出会えたのに、
それってひどくないですか!
だから近づくなと言うてるじゃろ!
待てと言うんじゃ!
やっぱり、あなたは世間から身を隠す伝説の仙人。
僕みたいな俗世の人間に近寄られたくないんですね!
いいから、またんかー、、、、とにかく今は、、、ムムム
わかった!
草葉の陰で悟りを開かれているんですね!
いくらでも待ちます!!
クンクン、
ん、なんか臭うな!?、、、。
、、、。
全く朝のチルアウトタイムを台無しにしおって。
失礼しました。。。まさかおトイレ中だったとは、、、。
それよりもお前は一体なんなんじゃ!
わしは確かにテクノ仙人じゃ!
おぬしは何しにこんな山奥まできたんじゃ!?
はいっ!
あの、僕、たまおと申しまして。
その、テクノミュージックが凄く大好きで、それで、あの、とにかく自分でも凄いのを作りたくなっちゃって…
つまりDTM、、、
コンピューターを使った音楽制作がしたいのじゃな。
そうそれ!
僕DTMがやりたいんです!
けど相談出来る友達いないし、、
楽器屋行っても相手されないし、、
ホント困って、、で某巨大掲示板であなたの噂を聞いてここまで辿りついたんです!!
ほーう、よくこんな山奥まできたの。おぬし相当ヒマじゃの。
はい、ニートですから!
で、音楽をやった経験はあるのかな?
いえ、、自慢じゃないですけど小学生の頃ピアニカもふけませんでした。
パソコンは持っておるのか?
持ってませんけど、電源くらいならいれられますよ!
金はあるのか?
ここに来るまでで使い果たしました。
ふもとの温泉に入ったら気持ちよくて…それにご飯が美味しくて食べすぎてしまいまして。
活!たわけがーっ!
一文無しで機材もなにも持っとらんで、ワシに会いに来たというのか!!ムシが良すぎるわぃ!!

はいっ。ずみません。
そうですよね、やっぱり僕なんかじゃ無理ですよね。
ニートで楽器も弾けないし金もなくてメカオンチでパソコンすら持ってないし。
いい所ひとつもないや。
はは。なんでこんなに熱くなっちゃってんだろ、、
音楽の夢、諦めます。。。
どうも失礼しまし
バカモーン!!
おぬしの夢はその程度なのか!
ワシを探しに三日三晩この深山をさまよっていたんじゃろが!!
そんなバカはおぬしが初めてじゃ!
そしてそれがおぬしの才能ぢゃーっ!!
えーっっ!
DTMがやりたいんじゃろ!
電子音を使ったテクノがやりたいんじゃろ!
だったらそのバカみたいな根気と行動力が一番大事なんじゃ!
はい!!!
音楽の教養だとか、金があって機材がいくらでも買えるとか、コンピュータの知識だとかそんなのは犬にでも食わせとけぃ!
とにかくDTMに必要なのは、音楽への情熱と根気強さじゃ!
おぬし、単調な電子音ループを一日中聴けるか!
はい!テクノ大好きですから!一日といわずずっと聴いても飽きませんよ!!
ふむ、ならばOKぢゃ!見どころがあるの。
そのズボンのポケットからはみ出てるのはなんじゃ?
え!これはスマホですよ!僕の大事な大事なiPhoneです!
はみ出してる時点で大事そうじゃないのぅ…
よし、まずはそのiPhoneを使って修行じゃ!付いて来い!
え!スマホで音楽が作れるんですか!ちょっとぉ仙人!待ってくださいよ〜。

続く…

iPhoneスマホやiPadタブレットからDTMは始めるべしの巻
iPhoneやiPad、AndroidからDTMでテクノやEDMなどのトラック制作を始める利点を徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました