フィルターとは

この記事は約1分で読めます。

DTM、特にシンセサイザー(わかりやすく)でよく使われる、音の明るさを加工する装置。(コンピュータで処理する場合は機能)
音の周波数を加工し、ローパスフィルターならば、低い音を残して高い音から削っていく。
例、テクノやハウス、EDM調の楽曲でよく聞かれる特徴的な電子音になる。
曲の盛り上がりでは周波数を上げていきこもった低音から明るい音色になっていく。

ハイパスフィルターならば、高い音を残し低い音から削っていく。
繊細な感じの音に変化。
バンドパスフィルターならば、指定した帯域付近の音を残し、高い音も低い音も削っていく。
例、ラジオの様な音がになる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました